1月25日(土)Vもぎスコアアップ、S判定が続出!
ホーム > 1月25日(土)Vもぎスコアアップ、S判定が続出!

1月25日(土)Vもぎスコアアップ、S判定が続出!

2020年01月25日(土)1:42 午後新着情報&ブログ

こんにちは、教室長の古川です。

先月の教室のHPの閲覧数がなんと7000件を超えていました。

実際、そこからお問い合わせされる方はまた絞られてくるのですが、

ちょっとお話宜しいですか?と突然来られるケースが増えています。

 

対応することができない時間帯もあるので、断るケースが度々あります。

事前に連絡をお願い致します。


お一人30分から1時間ほど話をするケースが多いのですが、

単純に30件の問い合わせがあると30時間弱、時間が必要になるので、

どうしたものかと悩みものです。


先日、妻に教室を手伝わないか打診してみたのですが、

見事に正当な理由をつけて断られました(笑)


小さな塾だけに、どうやりくりしていくかはかなり毎年頭を使います。

ちなみに問い合わせだけでなく、振替なども毎月たくさんあります。

単純に1授業を1回とカウントすると、冬休みだけで、振替が70回ほどあったかな。


いつでもメモを取り、パソコンなどに入力、反映していかなければ、

次、どこの日時が振替できるのかわからなくなるので、授業をしながら、

いろいろと進めて行かなければなりません。

 

 

ここで話は変わり、高校入試の話題です。

時期的に、順調に志望校の判定が変わっていくお子さんが増えてきました。

 

 

各科目、大問番号ごとに特徴を解説し、

解き方の確認と、正答率の高い設問番号はくり返し、演習してもらっています。

 

解き直した問題が解けるのは当然ですが、

初見の問題で正答できていたら安心かな。

 

 

だいたい過去問演習の多いお子さんは英語で言えば

模試の過去問、都立の過去問など、25回分ぐらい都立形式を練習しています。

 

点数を上げようと思うと

本番と同じ形式の問題でないと、あまり意味がないかな!

(特別な目的がある場合は別)

 

Aさん
Vもぎ 国語9月42点⇒1月71点(29点アップ)
志望校C判定⇒A判定(判定はE⇒D⇒C⇒B⇒A⇒S)

 

 

Bさん 
Vもぎ 英語10月35点⇒1月61点(26点アップ) 
志望校C判定⇒S判定


Cさん
1月Vもぎ 国語偏差値63 数学偏差値64、英語偏差値62 など
志望校S判定

 

 

Dさん
8月Vもぎ5科196点⇒1月V模擬5科275点(79点アップ)
8月志望校C判定⇒1月S判定


等々、順調に結果が出てきています。

都立高校受験まであと1か月を切りました。

ここから本当に点数が伸びやすい時期になります。

必要最低限の努力ではなく、圧倒的な演習量で

合格点を超えていきましょう!



«   |   »

過去の記事